ごあいさつ | 阪神西宮駅 皮フ科・形成外科 田所クリニック

ごあいさつ

ホーム > ごあいさつ

院長より

院長写真

皮フ科・形成外科 田所クリニック院長の田所丈嗣です。

私は外傷や病気のキズ痕で苦しむ人たちの社会的な生活の質を少しでも改善したいと考え、大阪大学医学部卒業後に皮膚科形成外科診療班へ進みました。

その後、形成外科医として、大学病院などのあざ外来において、あざやシミ、ほくろ、白斑などの色素性疾患に悩まれる多くの患者さんに出会いましたが、当時は有効な治療法がまだ限られていた上に、基礎的な研究も十分には行われていませんでした。

そこで、自ら大分医科大学に赴き、色素産生細胞(メラノサイト)の基礎研究を開始し、大阪大学に戻ってからは、皮膚科医として外来医長、病棟医長、医局長を歴任して医局運営に携わるとともに、大学や米国国立衛生研究所(NIH:National Institute of Health)においてメラノサイトの研究を続けました。

その間、色素性疾患に対する治療法の発展は目覚ましく、数々の治療技術が実用化されたため、私も臨床と教育に重きを置くようになりました。国立大阪医療センターでは、皮膚科専門医ならびに形成外科専門医として、主にメラノーマなどの皮膚がんを含む皮膚腫瘍に対して外科的治療を中心とした診療を行うとともに、大阪大学医学部臨床教授ならびに日本皮膚科学会認定専門医主研修施設責任指導医の役職を賜り、医学生や若い皮膚科医師の指導・教育を行って参りました。また、患者紹介を診療した医師の顔が見える形での研究会を主催し、地域の医療施設との病診連携を推進することで、多種多様な難治性皮膚疾患を受け入れておりました。

しかし、大病院を受診する前にクリニックでも対応可能な皮膚疾患が数多く存在するのではないかとの思いから、自らの原点に立ち返って、これまでの経験や知識、技術を地域の皆さんに有効利用して頂くため、当クリニックを開設しました。

当クリニックでは、一般的な皮膚疾患だけではなく、外傷や皮膚腫瘍、色素性疾患に対する専門性の高い診療を最新の機器を用いて行いますが、最終的に目指すゴールは「美しい素肌」です。したがって、当クリニックでは、美容外科手術や効果が明らかではない治療には頼らず、可能な限り少ない侵襲で、少し前の素肌の美しさに近づける治療を主眼としています。

患者さんが笑顔で帰って頂けるよう、分かりやすくて安心できる診療を目指して、地域医療に貢献したいと考えています。

院長 田所丈嗣

略歴

昭和62年 3月
大阪大学医学部卒業
昭和62年 5月
大阪大学医学部附属病院にて臨床補助の研修に従事
昭和62年 7月
大阪警察病院 形成外科医員(研修医)
昭和63年 7月
大阪大学医学部附属病院医員(研修医)
昭和63年11月
公文病院 外科医員
平成元年11月
兵庫県立こども病院 形成外科医員(研修医)
平成 2年 5月
大阪大学医学部研究生(皮膚科学教室)
平成 2年10月
大阪大学医学部附属病院医員
平成 3年 7月
大阪船員保険病院医師(形成外科)
平成 6年 4月
大阪大学医学部研究生(皮膚科学教室)
平成 6年 7月
大分医科大学助手附属病院(皮膚科学教室)
平成 8年 5月
大分医科大学助手医学部(皮膚科学教室)に配置換
平成 8年 7月
大阪大学助手医学部(皮膚科学教室)に転任
平成11年 4月
大阪大学助手大学院医学系研究科に配置換
平成11年 4月
米国国立衛生研究所(NIH)(Postdoctoral Visiting Fellow)
平成14年 4月
大阪大学助手大学院医学系研究科復職
平成15年 4月
大阪大学講師大学院医学系研究科
平成16年 4月
独立行政法人国立病院機構大阪医療センター皮膚科科長
平成22年 4月
大阪大学医学部臨床教授併任
平成24年 4月
日本皮膚科学会認定専門医主研修施設責任指導医
平成26年 8月
独立行政法人国立病院機構大阪医療センター円満退職

役職および資格

  • 日本皮膚科学会認定皮膚科専門医
  • 日本形成外科学会認定形成外科専門医
  • 日本形成外科学会皮膚腫瘍外科指導専門医

共同研究

LVMH(モエ ヘネシー・ルイ ヴィトン)研究所とともにゲラン オーキデ アンペリアル ホワイト セロムの臨床評価研究を行い、研究結果はThe Journal of Dermatologyに掲載されました。

メディア情報

2006年2月
ラジオ大阪「アレルギー診察室」に出演いたしました。
2007年7月
「医者がすすめる専門病院~大阪・奈良・和歌山」に掲載されました。
2008年4月
「迷ったときの医者選び:関西」に掲載されました。
2008年12月
Visible Color and Pigmentation. Guerlain Press Conference
2008年12月
Whitening Effect; Evaluation and Comparison of the Efficacy of 2 Cosmetic Test Articles, after repeated Applications for 8 weeks, in the Japanese Female adult volunteer. Guerlain Press Conference
2010年5月
読売テレビ「サンデー・ドクター」に出演いたしました。
2013年7月
読売テレビ「情報ライブ ミヤネ屋」に出演いたしました。
2014年6月
読売テレビ「おはよう!ドクター」に出演いたしました。
こちらからYouTube動画が見られます。
2015年4月
「さくらFM 78.7MHz」の健康番組「ドクター教えて」に院長が出演しました。
タイトルをクリックしますとYoutubeで音声を聴くことができます。
~番組テーマ~
4月2日(木)「紫外線と皮膚」
4月9日(木)「しみとその治療Ⅰ」
4月16日(木)「しみとその治療Ⅱ」
4月23日(木)「皮膚がんについてⅠ」
4月30日(木)「皮膚がんについてⅡ」
2015年9月
2015年9月26日(土)の神戸新聞朝刊に、院長のインタビュー記事が掲載されました。
〈ひょうごの医療〉シリーズ41 皮膚や髪の異常(4)
2015年9月19日(土)ラジオ関西「お元気ですか、春名祐富子です!」に出演いたしました。
こちらからYouTube動画が見られます。
2016年3月
2016年3月16日(水)の産経新聞夕刊の「健康ライフ」面に、院長のインタビュー記事が掲載されました。
2017年4月
2017年4月10日(月)発行のCOOPこうべ「コープステーション5月号」にインタビュー記事が載りました。
「コープステーション 5月号」より

ページトップに戻る