308エキシマーシステム | 阪神西宮駅 皮フ科・形成外科 田所クリニック

レーザー治療

ホーム > 診療案内 > 308エキシマーシステム

308エキシマーシステムの特徴

308エキシマーシステム

ナローバンドUVBによる治療は、白斑や乾癬などに対して従来行われてきたブロードバンド紫外線治療を凌駕しつつあります。
308エキシマーシステムはナロードバンドUVBの中でも308nmの波長を選択的に照射し、高い治療効果をもたらすことができます。痛みはなく、16cm²当たり数秒間で治療が終わります。また、健常な皮膚への紫外線照射を避け、病変部位のみを高エネルギーで治療できる正確で信頼性の高い治療方法ですが、短期の副作用として照射部位の紅斑、水疱形成、色素沈着が見られることがあります。効果を上げるためには繰り返して照射する必要があり、週に1~2回程度の通院が勧められます。

適応症例

白斑、乾癬、アトピー、掌蹠膿疱症などの治療は保険適応です。

エキシプレックス308の特徴

エキシプレックス308

エキシプレックス308は308エキシマーシステムの改良機種です。
照射光の輝度が高くなったため治療に必要な照射時間が半減し、広範囲な病変でもより短時間で1回の治療を行えます。また、より低いエネルギーでの照射が可能になったため、紫外線に反応しやすい部位でも治療可能となりました。ターゲット型エキシマ紫外線治療器は3機体制となり、患者さんの診療待ち時間をより短縮することが出来るようになりました。

適応症例

白斑、乾癬、アトピー、掌蹠膿疱症などの治療は保険適応です。

ページトップに戻る